パーテーションでオフィスの快適性をアップ

快適な空間を保つためパーテーションを導入

オフィス パーテーションこちら施工型パーテーション

また、広い空間ゆえに体調管理が難しく感じるのも仕方ありません。
暑い寒いは人それぞれですので、仕切りがなく我慢を強いられるのは大きなストレスとなってしまうのも頷けします。
オープンオフィスは賛否両論でもあり、悩ましいところでもあります。
お互いに快適な空間を保つにはどうすれば良いのか、見当の上で導入をされたのがパーテーションでした。
ただ、個室のように高さのある物を導入してしまうと、コミュニケーションを図りにくくなる上、お互いが見えず透明性がなくなってしまうのも考えものです。
良い落としどころを考えた結果、適したパーテーションを入れることができました。
特徴のひとつは高さを抑えたサイズの物を導入したことで、顔を上げればお互いの顔が見える程度のサイズ感となっています。
普段は仕切りによって自身の空間が保たれていますので業務に集中することが可能です。
まわりのスタッフに用事がある時には、仕切りの上から覗ける高さとなっており、簡単にアプローチできます。
音も適度に遮ってくれますので、キーボードの音が気になりにくくなったり、会話の声に神経質にならずとも良くなったりと、スタッフからの評判も上々です。
半透明のパーテーションを導入したのも成功だったと感じています。

オープンスタイルのオフィスにはデメリットもある : 快適な空間を保つためパーテーションを導入 : パーテーションによりオープンスタイルのデメリット解消